2009年9月28日月曜日

うれしい再会


赤ちゃんのイメージカットを依頼されたので、モデルをお願いすべくNちゃん宅にお邪魔した。Nちゃんはまだ生後1ヶ月。

Nちゃんのお母さんが妊婦さんだった今年7月、会社のお友達と数名でポートレート撮影を依頼してくれた縁で、この度、生まれたばかりのNちゃんにモデルをお願いした次第。

7月の撮影会の時、臨月でボンボンのお腹をしたNちゃんのお母さんは、ナチュラルメイクだったけど妊娠中の女性らしい自然な美しさで会社の同僚の方やスタッフ一同大盛り上がりだった。

そして今日会ったNちゃんのお母さんはすっかり穏和で優しいママの表情。

再会の喜びと温かい空気感に満たされて、カメラマン冥利に尽きる1日だったはず。

美味しい料理・新しい物・新しい土地などを好奇心一杯で撮影するカメラマン業も刺激的で楽しいだろうけど、一般の方を撮影するカメラマンは、人が人生の大きな一歩を踏み出す瞬間に立ち会える。
それってすごいこと。

2009年9月27日日曜日

海ロケ with ふらここ 二日目

昨晩はサーフィン疲れから、相方が不覚にも7時に撃沈してしまった。
でも心配無用、太陽が昇る前からロケハンを兼ねて、宿目前の弓ヶ浜をせっせとランニングしていた。

そして朝日が登る時間を見計らって新作五月人形を撮影したそうだ。

しかし、海は季節毎の表情がある。
撮った写真をみてみると、バックはどう見ても寂しげな秋の海だった。

私は海の近くで育ったので、どうしても海の季節毎の表情に敏感になってしまう。
初夏のキラキラした海でないので五月人形がしっくりこない(気がしてならない)。

勿論、相方はプロなので不可能を可能にして、それらしく撮影して仕上げるが、
自然は不自然を頑として受け入れてくれないんだな・・・と考えさせられた。

2009年9月26日土曜日

海ロケ with ふらここ 初日はサーフィン

先週のキャンプにひきつづき、今週末はふらここを連れて伊豆旅行にいってきた。

初日は同行した方と終日サーフィン三昧。

この日は波が荒いのか、こんなモンなのか分からないけど、前から横からザッパンザッパン波が押し寄せる。

それにしても伊豆白浜は美しい。
湘南に比べ砂が白くてサラサラ。ゴミが全く落ちていない。
裸足が気持ちいいし、水の色はコバルトブルーで気分はリゾート。
白浜最高


2回目のサーフィンだったけど、サーフィン先輩Oさん(と奥様)にボードを借りて分かりやすく教えて貰い、
サーフィン先輩2号のNさんに相方がサーフィンする姿を沢山写真に撮って貰い、相当嬉しかった。(相方はいつも撮る側なので、特に嬉しそうだ)

相方は午後にはかなりの確率で波に乗れる様になり、充実した海デイキャンプだった。
先輩方ありがとうございました。

2009年9月24日木曜日

シルバーウィークロケ

大渋滞&混雑覚悟で相方がロケ撮影の宿題(仕事)を持ってキャンプに出掛けた。

しかし5時出発で向かった道志の森キャンプ場は、すでにをテント張る隙間が全くない。
あり得ないッと思ったけど・・・。本当になかった。
今年5月に相方がフェスの取材で同キャンプ場を訪れたのだけど、
その時と「同じくらい」いや「それ以上」のテント密集度だったらしい。
シルバーウィーク恐るべし。

仕方がないので、同行したAさんが近隣の別のキャンプ場で「今日帰りますか?」とキャンパーに次々直談判。
なんとか道志ダム下の青根キャンプ場で同行者分含めテント4張分のスペースを確保し落ち着いた。

テントを張る場所が決まると早々に、相方は恐ろい混み様のキャンプ場脇の渓流でズボンをたくし上げて節句用お雛様撮影を開始。

相方は、物珍しさにわざとらし〜く近づくガキンチョ達を目で威嚇し、必死に撮影の宿題をこなしていった。

2泊3日の間、同行した方達と食べて遊んでロケもして、密度の濃いキャンプだった。

日本橋出身の雛人形達もスケール満点のロケにかり出され、さぞ驚いただろう、ふふふ。
でもまだまだ!来週末は海へいくつもり。

それにしてもこの可愛いひな人形、ロケがかなり前から決まっていたら野辺山の五光牧場に連れて行きたかった気がする。
野辺山はもう晩秋かな。